pandora.tv

x

国産チーズに注文殺到! 酪農家自ら挑戦のワケは… #国産チーズ 12/25(火)  
 今、国産のチーズが人気を集めていて、なかには注文が殺到して生産が追い付いていない商品もある。酪農家自らがチーズ工房を建て、採れたての生乳でチーズ作りに挑戦が広がっている。
 とろっとろで女性に人気のラクレットチーズ。独特の強い香りがあるはずが、良い香りだ。全く香りがきつくなく、もっと強いイメージあったが全然、きつくない。使っているのは北海道から空輸したチーズ。香りが強い外国産を使っていた際は残してしまう人が多かったが、国産に変えたところ人気が出たという。
 チーズクラフトワークス・小諸英嗣さん:「国内産のチーズは癖が少なく、ミルキーさをより強く感じて頂ける」
 チーズの国内消費量は昨年度、過去最高になったものの依然、輸入が8割を占める。まだ国産のシェアは小さいが、工房の数はここ10年ほどで3倍に増えているという。栃木県那須塩原市の牛舎にいたのは、国内ではまだ数が少ないブラウンスイス種。落合一彦さんはこの生乳を使ってチーズを作る。熟成に最低3カ月かかるナチュラルチーズは注文が殺到し、生産が追い付いていない。落合さんは新しい工房を建て、規模を拡大するにあたり、国の助成金を受けた。来年2月には日本とEU(ヨーロッパ連合)のEPA(経済連携協定)が発効。輸入チーズの関税が引き下げられ、さらなる競争力が求められる国産チーズ。農林水産省はチーズ工房が施設を整備する費用の半分を助成するほか、酪農家がチーズ向けの質の良い生乳を出荷する際には奨励金を交付している。2018年度も第2次補正予算に150億円を計上している。

0つのコメント

santhavasa様のチャンネル さんの動画
00:52

大坂なおみ 世界スポーツ賞の「ブレークスルー賞」日本選手初

1 2時間 前

01:31

ベルリン国際映画祭 日本人監督作品も受賞

1 3時間 前

38:35

【有本香】最新 ニュース速報 2019年2月19日

0 3時間 前

00:52

くわえるだけで歯キレイ?歯磨きで新提案

1 3時間 前

05:24

デザイナーズバーガー

0 3時間 前

07:17

花粉対策グッズ

0 3時間 前

00:54

日本初 多様な決済できるアプリ りそな銀が新サービス

0 3時間 前

01:15

「体罰・きつい言葉が子供の脳を傷つける」

0 3時間 前