pandora.tv

x

スポーツ界とLGBTの課題 ラグビー界のレジェンド語る #スポーツ界:LGBT 11月2日にいよいよ決勝を迎える、ラグビーワールドカップ。

今回の日本での開催を特別な思いで見つめるギャレス・トーマスさん(45)に話を伺った。

ギャレスさんは、「ここまでのところ、歴代No.1の大会だと思う。世界中から日本にやってきた人々や、あらゆる宗教の人々、(日本人は)全ての人を受け入れてくれたと思う」と話した。

日本で開催中のラグビーワールドカップについて話してくれたのは、ラグビーの強豪・ウェールズの元代表で、長年キャプテンも務めたギャレス・トーマスさん。

ギャレスさんは、ワールドカップ4回を含む、国際マッチ100試合に出場するなど、世界を舞台に活躍した、ラグビー界が誇るレジェンド。

実は、ギャレスさんは、現役時代の2009年に、自らがLGBTの当事者、ゲイであることを公表した。

ギャレスさんは「(当時どんな思いだった?)公表する前は、頭の大部分を占めていたのは恐怖だった。周りから僕の能力ではなく、セクシュアリティーで僕を判断されるのではないか、みんな突然、僕を嫌いになるんじゃないか。友人もチームメイトも、背中を向けるんじゃないかとね」、「(数カ月前にHIV陽性を公表。どんな意味があった?)僕の人生は常に進化している。僕はHIVに関して、うそをついて生きてきた。すごく個人的なことだし、人に話す必要はないと思っていた。でも公表して、あらためて実感したのは、人々が誠実さをたたえてくれたということだ」と話した。

公表から10年、ギャレスさんは「今も進化の過程だと思う。まだまだ道のりは長い。世界には今も障壁があって、人々はLGBT問題に触れることを恐れていると思う。世界のスポーツでは、LGBTはマイノリティー。そのことが大きな障害になっていると思う。自分が公表したあと、どうなるのか、想像することはとても難しいと思う」、「(クラブの支援やスポンサーを失う恐怖がある?)いつも失う恐怖はある。環境をつくるべきだと思う。彼らがスポンサーを失わないと確信できる場所が必要だと思う」と話した。

スポーツ界が、よりLGBTへの理解を深めるには、どうしたらよいのか。

ギャレスさんは「ラグビーワールドカップは素晴らしかった。特にオリンピックが行われる国だし。多くの国から人々が日本に来れば、多様性文化や多様的特徴に、より、寛容になっていくと思う。わたしは、人々はセクシュアリティーに関して、話すのにもっとオープンになるべきだと思う。バーの端の方や、LGBTの人だけの場でするようなものではなく、開かれた議論、カフェや道で議論を重ねることにより、理解を持つ人も増えていくと思う」と話した。

0つのコメント

chobi様のチャンネル さんの動画
00:57

太陽の10年間の姿、タイムラプス動画を公開 NASA

0 1時間 前

00:59

マンションの管理業務 居住者自身でできるアプリ開発

0 3時間 前

00:34

ヒトに感染する豚インフル、中国で新型ウイルス発見

0 3時間 前

00:58

お疲れさま! ロシアで唯一、コーギーの警察犬が退官(30日)

0 3時間 前

01:09

東京ディズニー、営業再開 ファン歓喜

0 3時間 前

01:09

新型新幹線「N700S」デビュー 13年ぶりフルモデルチェンジ

0 3時間 前

00:30

ドイツ “消費税”引き下げ始まる 新型コロナ対策

0 3時間 前

03:42

解説:香港「国家安全法」 最低限知っておくべきこと(2日)

0 3時間 前